シルデナフィルと局所麻痺剤の配合剤

クエン酸シルデナフィルは、バルデナフィルやタダラフィルと並び、勃起不全症治療薬として臨床応用されています。勃起不全症治療薬としては馴染みのあるバイアグラという商品名で販売されています。しかし、他にもレバチオという商品名で肺動脈性肺高血圧症治療薬として厚生労働省の製造販売承認を受けています。近年はジェネリック医薬品も製造販売承認を受け販売され、より安価に手に入るようになってきています。それでもなお、保険適用外で全額自己負担となるため、入手には相当な費用がかかります。そこで個人輸入によって海外の安価な製品を手に入れる方が沢山いらっしゃいます。クエン酸シルデナフィルの飲み薬だけでも種類が豊富ですが、それだけでなく陰茎部に直接塗る外用剤も海外では販売されており個人輸入が可能となっています。ベガHクリームという塗り薬はクエン酸シルデナフィルが有効成分として含有されている塗り薬ですが、それに加え局所麻痺剤のリドカインが配合されています。このリドカインは局所麻酔剤なので、その塗った箇所の感覚を麻痺させますが、これが早漏を改善するために働きます。
クエン酸シルデナフィルの飲み薬は性行為の1時間前を目安に服用しなければなりませんが、ベガHクリームは30分から1時間前に塗布することが推奨されています。また塗り薬なので、バイアグラのような飲み薬とは異なり、食事のあとの服用でも特に作用に影響は出ません。ただ、遅漏の方にはこの薬の使用は適切ではありませんのでクエン酸シルデナフィル単剤のものを検討した方がいいです。また飲み薬の場合と同様に1日に複数回使用することは推奨されていません。必ず使用間隔を24時間以上間隔を空けるようにして下さい。